2010年06月16日

「肉食系女子」は「恋人との時間が大事」(産経新聞)

 10日の「時の記念日」を前に、時計メーカー、シチズンホールディングス(東京)が行ったアンケートで、「肉食系女子」が恋人と過ごす時間は「草食系男子」の約2倍に及ぶという結果が明らかになった。

 調査はインターネットを通じて4月、全国の20〜30代の1人暮らしの独身男女計400人を対象に実施。恋愛に積極的な肉食系か、消極的な草食系かを自己申告してもらった上で、時間の使い方などについて尋ねた。

 平日に恋人と過ごす時間の平均は肉食系女子が2時間58分だが、草食系男子は半分以下の1時間24分。携帯電話を使う時間も肉食系女子は53分だが、草食系男子は29分で差がくっきり。肉食と草食が結ばれるのは難しい?

【関連記事】
モテる!?40代男 バブル余韻“肉食”の魅力
デートに誘えない“草食男子”に救いの手?
「自分は草食男子」5割超 新成人は恋愛に臆病
増殖中…リアル肉食女子「ホルモンヌ」
草食系男子に新たな危機!?女性版“バイアグラ”開発中

<雑記帳>人間向け「鹿せんべいアイス」が人気…奈良(毎日新聞)
<自殺>東京・練馬の公園で中3男子 体にあざも(毎日新聞)
国民新党幹事長に下地氏 自見氏は副代表(産経新聞)
高速5社、社長に民間人=天下りを排除―政府(時事通信)
西都・日向・宮崎の感染疑い牛と豚、すべて陽性(読売新聞)
posted by カマクラ ミツヒコ at 11:44| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

警察車両衝突の高3逮捕(産経新聞)

 6日午前10時20分ごろ、兵庫県明石市太寺の市道で、シートベルトをしていない男が運転している乗用車を、白バイに乗った明石署員が発見。停止を求めたが、男は南東方向へ逃走した。

 車は500メートル先の市道交差点で市内の会社員男性(60)運転の乗用車に衝突後、北へ約15キロにわたって逃げ、神戸市西区伊川谷町の市道でガードレールに衝突し、現場に駆けつけた神戸西署の車両にも衝突して停止。明石署員が、警察車両に衝突したとして、公務執行妨害容疑で運転していた男を現行犯逮捕した。

 明石署の調べによると、逮捕されたのは私立高校3年生(17)=神戸市西区=で、「無免許がばれると思って逃げた」と供述しているという。

<民主代表選>人事巡り駆け引き 顔ぶれ一新困難に(毎日新聞)
30歳男性「就眠時、アロマキャンドルに火…」マンション1室焼く(産経新聞)
3年間で11人交代、“鬼門ポスト”の農水相 (産経新聞)
県立受験やめれば合格させる 愛媛の帝京第五高、30年前から(産経新聞)
野口さん帰還 日本の有人活動に土台 宇宙開発“1軍入り”(産経新聞)
posted by カマクラ ミツヒコ at 11:12| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。