2010年05月13日

死因究明推進法案を了承―自民党合同会議(医療介護CBニュース)

 自民党の内閣、法務、文部科学、厚生労働の4部会と「異常死死因究明制度の確立に関する特命プロジェクトチーム」(座長=下村博文衆院議員)は5月12日、合同会議を開き、死因究明の推進に関する施策について審議する「死因究明推進会議」の設置などを盛り込んだ「死因究明推進法案」(仮称)を了承した。今後、政権政策委員会、総務会の了承を得て与党側と協議し、議員立法として今国会に提出する方針だ。

 同法案によると、内閣府に設置する「死因究明推進会議」では、死因究明の推進に関する施策の審議や実施の推進、実施状況の検証、評価、監視などを行う。
 また政府は、施策を推進するために講じるべき必要な法制上・財政上の措置などを定める「死因究明推進計画」を策定する。
 このほか、死因究明の推進に関して重点的に検討・実施されるべき施策として、▽警察における検視の実施体制の充実▽医師の検案を行う能力の向上▽法医学に係る教育及び研究の拠点の整備▽死体の解剖の実施体制の充実▽死亡時画像診断の活用―の5点を挙げている。

 合同会議後、下村座長は記者団に対し、与党とも話し合った上で、内閣委員会の委員長提案で提出したいとの考えを示した。
 下村座長は、「日本は『不自然死』の死体解剖が司法、行政を含めて非常に遅れている」と指摘。死因究明によって犯罪や伝染病などを未然に防ぐことも可能だとして、同法案の意義を強調。
 診療関連死については、「異常死は自然死以外のすべてなので、診療関連死も言葉の概念としては入る」としたものの、「医療事故関係は別枠で検討すべきではないかとの議論があるので、法案が成立した後、それだけ分けて議論をしていく」と述べた。また、「診療関連死に関係する制度を別の制度として構築すべきかどうかも含めて、死因究明推進会議で(検討を)行ってもらう」とした。


【関連記事】
警察への届け出事例も調査可能に−モデル事業WGが提言
小児や心肺停止搬送患者などにAi実施を−日医委員会
死因究明制度で独自案策定−医法協が事業計画
死因究明、現時点で法案化するなら「民主党案」―民主・梅村氏
死因究明や介護予防調査モデル事業「見直し」−行政刷新会議

<京都地裁>裁判長怒る 「居眠りする人は出ていって」(毎日新聞)
<放鳥トキ>巣にカラス侵入、卵捨てる ふ化厳しく(毎日新聞)
電子書籍は本当に便利か 日本人は紙の本への愛着が深く…(産経新聞)
<取り立てチーム>船橋市で活躍…市税など悪質滞納に対抗(毎日新聞)
B型肝炎訴訟 閣僚会議で政府方針を決定 和解協議へ(毎日新聞)
posted by カマクラ ミツヒコ at 02:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。