2010年04月30日

54歳女性 路上で血を流して重体 詳しく捜査 横浜(毎日新聞)

 28日午後3時5分ごろ、横浜市西区楠町1の歩道で、女性が倒れているのを車で通りかかった男性が発見、110番した。神奈川県警戸部署員が駆けつけたところ、女性はあおむけに倒れて口から血を流しており、病院に運ばれたが意識不明の重体。胸付近に複数の刺し傷と首に切り傷があり、同署は殺人未遂と自殺未遂の両面から調べている。

 戸部署によると、重体となっているのは横浜市都筑区に住む女性(54)。倒れていた場所から約20メートル離れた歩道橋の階段にナイフ(刃渡り9センチ)が落ちていた。女性は午後1時〜2時半ごろ、約200メートル離れたNPO法人運営の就労相談窓口「よこはま若者サポートステーション」を訪れていたという。【吉住遊】

【関連ニュース】
駅突き落とし:「発達障害でノーベル賞も」裁判長が説諭
強殺未遂:ホテル売上金6万円奪い逃走 従業員重傷 東京
強盗殺人未遂:タクシー運転手、首切られ重傷 江戸川
裁判員裁判:懲役25年確定の被告 さらに懲役7年の判決
殺人未遂:容疑の男逮捕 警察官にシンナーかけ火 名古屋

首相「政治資金、資料提出は必要ない」 党首討論(産経新聞)
「国民目線で不起訴はおかしい」 舛添氏、小沢氏の進退判断求める(産経新聞)
ひらり春謳歌 葛飾・水元公園のツマキチョウ(産経新聞)
鳩山首相、五輪出場者の健闘ねぎらう=浅田選手、次回ソチへ「日々精進」(時事通信)
震災の絵、冊子に 「力強く生きて」 神戸・明親小元校長(産経新聞)
posted by カマクラ ミツヒコ at 23:53| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

議員の出席率10%程度―空席ばかりが目立つ民主・介護議連(医療介護CBニュース)

 介護をめぐる問題を検証し、質の向上や制度の充実を目指す「民主党介護を考える議員連盟」は4月19日、4回目の勉強会を開く。発足以降、毎週勉強会を開催するなど意欲的な取り組みを続ける同議連だが、一方で、2回目と3回目の勉強会に出席した議員は、いずれも10人前後。105人の加盟議員数に対し、出席率は10%程度という状況が続いている。

 「お忙しい時間に設定をいたしましたものですから、なかなか出席できかねる先生が多かったのかもしれませんが、記者さんたちにも多く出席いただいています」
 議連の幹事長を務める郡和子衆院議員は、12日の第3回勉強会の冒頭、こんなふうにあいさつした。郡幹事長の言葉通り、この日出席した議員は10人弱。途中から参加したり、退席したりした議員もいたため、時間によってはヒアリングのために招かれた介護関係者(5人)とほぼ同じ数の議員しかいない場面もあった。
 空席ばかりが目立つ会場を後にした関係者からは、「この場を設けてくれたこと自体、(前政権と比べて)大きな進歩と言えるが…。もう少し(議員が)出席してくれたら」(自治労の秋野純一社会福祉局長)など、戸惑いの声も聞かれた。

 当初から議連に参加する議員が少なかったわけではない。3月31日の第1回勉強会には、約40人の議員が出席していた。2回目の勉強会以降、参加議員がぐっと減ったことについて、議連の事務局長を務める藤田一枝衆院議員は「(介護議連と同じようなタイミングで開かれる)参院選のマニフェストに関連した会合や勉強会に出席する議員が多いためではないか」と説明する。また、「『金帰火来』の言葉通り、週末から月曜日まで地元にいる議員は多い。2回目、3回目の勉強会に欠席者が多かったのは、その月曜日だったからではないか」(議連会長を務める石毛●子衆院議員の事務所関係者)とする声もある。

 民主党は5月末ごろには、今夏の参院選のマニフェストを策定する方針を固めており、各議員とも、そのための勉強会などに忙殺されている。それだけに、介護議連に足を運ぶ議員は少ないままの可能性もあるが、同議連では「出席できない議員の中には、秘書に参加させたり、資料を取り寄せたりするなどして、議論の内容を把握する議員も多い」(藤田事務局長)ことから、今後も勉強会や視察を継続して実施していく予定だという。

【編注】
●は金へんに英


【関連記事】
労組3団体からヒアリング―民主・介護議連
マニフェストへの反映は「時間的に不可能」―介護議連の藤田氏
「地域ソーシャル法が必要」―民主・介護議連会長
民主の介護議連が設立総会
マニフェストの進捗でヒアリング―民主党研究会分科会

小学校の個人情報入ったUSB紛失 杉並区(産経新聞)
大丈夫と思うけど…ガラス1枚、ライオンの迫力(産経新聞)
<朝倉市長選>前県議の森田氏が初当選 福岡(毎日新聞)
医薬品ネット販売訴訟で原告側が控訴(医療介護CBニュース)
<女性遺体>ふ頭で頭部発見 諸賀さんの可能性 福岡(毎日新聞)
posted by カマクラ ミツヒコ at 12:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

野口聡一飛行士 宇宙からオーロラ撮影(毎日新聞)

 今週に入って、オーロラ活動が活発になり、激しく動く色鮮やかな光のカーテンが宇宙と地上で相次いで撮影された。

【写真特集】「きれいなお姉さん」系から「きれいなママ」系宇宙飛行士に 山崎直子さんの軌跡

 オーロラは太陽から飛んでくる粒子が地球の大気と衝突、北極や南極の上空100〜400キロで発生する。

 そこを横切るように350キロを周回する国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の野口聡一宇宙飛行士(44)が撮影し、6日未明、自身の簡易ブログ「ツイッター」(http://twitpic.com/1dfw9y)に掲載した。ISSの太陽電池パネルの後ろに赤や緑の光の帯が輝く。「時速2万8000キロでオーロラのそばを通過した」と英語で書き込んだ。

 また、同時期に米アラスカ州でも空全体を覆うオーロラが観測された。その様子をインターネットで生中継しているベンチャー企業「遊造」(東京都三鷹市)の古賀祐三代表(39)は「ここ数年で一番鮮やかだ」と話す。

 情報通信研究機構によると、太陽活動の影響で地球の磁気が通常の状態と異なる現象「磁気嵐」が発生し、オーロラが活発化したという。【西川拓】

【関連ニュース】
【写真特集】山崎さんのプロフィールや写真、日本の宇宙飛行士の写真を掲載
【写真特集】エンデバー:国際宇宙ステーションとドッキング
【山崎さんには夫の支えが】読む:『主夫の花道』=山下俊樹・著
【写真付き】山崎直子飛行士:ISSが日本海上空を通過

国会延長想定せず=政府・民主が確認(時事通信)
自民幹事長代理に河野氏…刷新要求沈静化図る(読売新聞)
愛子さま、始業式後の授業にご出席(産経新聞)
中朝国境 苛烈な情報戦 住民、携帯で「ゲリラ通話」(産経新聞)
小沢氏と連携「まったくない」 新党旗揚げ会見(産経新聞)
posted by カマクラ ミツヒコ at 11:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。